記事作成:beakpromo
岩手のWEBマーケティングー目標CPA設定(目標設定)ー

インターネット広告(WEB広告)を出稿するメリットの一つに、「効果測定」を行えることが挙げられます。
話は変わりますが...御社の商品の「目標CPA」はいくらですか?
・・・私が岩手県内でこの質問を行い、答えられた担当者さんは極わずかしかおられませんでした。当社が行うWEB広告サービスは、「上限CPA」や「目標CPA」を定め、目標に向けて施策を行っています。

目次

  1. CPAについて
    1. 一般的なCPAの求め方
    2. 過去の広告の成果を目標にする方法
    3. 直接売り上げにならない広告やリピート商品
  2. 最後に

CPAについて

これは当然の話ですが、かけた広告予算より、売り上げが少なければ意味はありません。
※マーケティング要素になるということを除いて。

CPA(Cost Per Action)とは=獲得顧客単価(円)。顧客一人を獲得するためにかかった費用を指します。

ネット広告では、出稿にかけた予算や獲得できた金額、ビュー数やクリック数などの記録から、効果を数値化することが可能です。それは指標となり、今後のマーケティングに生かされていきます。

まずは「目標CPA」を設定するための情報を集めましょう。

一般的なCPAの求め方

まずは上限となるCPAの設定方法として、予算が利益を割らない金額を設定することが一般的です。
例えば、売値が2万円で利益が8千円の商品を広告した場合、CPA=8千円以下であれば広告費としてマイナスにはなりません。
さらに改善を図ることで安定してCPA=5千円で獲得できた場合、これを目標CPAとして毎月のプロジェクトを最適化していきます。

このように上限CPAと目標CPAの差額を大きくしていくことで、安定した利益の獲得を図っていきます。

過去の広告の成果を目標にする方法

過去に近しい広告を実施していれば、その成果を目標にする場合もあります。過去の改善点が分かれば、より高い成果を狙うことができます。

直接売り上げにならない広告やリピート商品

もちろん、直接売り上げに繋がるものだけでなく、資料請求や見積もり依頼などの間接的な役割のものもありますので、最終的な成約までの確率を考慮して目標を定める必要があります。

またリピート商品(サプリや通販品など)の場合、大体1.5~2か月程度の売値を上限CPAに設定するのが相場ですが、自社の商品やサービスに合わせた適切なCPAを設定することが重要です。

最後に

リスティング広告やディスプレイ広告などのネット広告に取り組む前に、目標CPAや過去の実績などを考慮することで、全体的な予算配分や期待値を判断しやすいと思います。
また「コスト重視のためCPAは低いが件数が少ない」であったり、その逆の場合もありますので、利益の最大化を図れるよう商品や広告の見極めをしてみてください。

広告効果の最大化を提供!ビークプロモーションの広告運用代行