記事作成:beakpromo
IT導入補助金のご相談は、岩手県盛岡市のホームページ制作会社ビークプロモーションまで

初めての試みだった2017年に続き、今年度も「サービス等生産性向上IT導入支援事業費(通称:IT導入補助金)」の実施が決定しました。
当社は本施策のITベンダーとして、各種ITツールの提供を行っております。こちらでは今回のIT導入補助金について簡単にまとめています。

目次

  1. IT導入補助金とは
  2. 補助内容
  3. 対象となるITツール
    1. 複数の分野の要件を満たすもの
    2. 補助対象なるITツール・サービス
  4. 想定スケジュール
  5. まとめ

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、当社のようなIT導入支援事業者(※ITベンダー)が提供するITツール(ソフトウェア、サービスなど)について導入を検討する中小企業及び小規模事業者(※補助事業者)に対して、導入費用の一部を補助することで、効率化や経営力の向上を目的とする補助事業です。

平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業

平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業

・事業の目的
https://www.it-hojo.jp/overview/
・申請・手続き
https://www.it-hojo.jp/procedure/

補助内容

今回補助される内容は昨年比較し補助率は下がり、全体の予算も5倍と増えたことで大きく間口が広がった印象となりました。

【2017年IT導入補助金】
・全体予算:100億円
・補助上限金額:100万円
・補助率:2/3
・推定採択件数:約1.5万件
↓↓↓↓
【2018年IT導入補助金】
・全体予算:500億円
・補助上限金額:50万円
・補助率:1/2
・推定採択件数:約13万件

対象となるツール

今回のIT導入補助金の対象となるITツールをみていきます。

複数の分野の要件を満たすもの

まずは下記の図をご覧ください。
出典:IT ツール(ソフトウエア、サービス等) 登録要領
出典:IT ツール(ソフトウエア、サービス等) 登録要領

上記の図からわかる通り、【フロント業務】【ミドル業務】【バックオフィス業務】の内2つ以上の分野にまたがったITツールであることが、今回の補助金の対象となるようです。

また、各分野の説明は下記の表をご覧ください。
出典:IT ツール(ソフトウエア、サービス等) 登録要領
出典:IT ツール(ソフトウエア、サービス等) 登録要領

補助対象なるITツール・サービス

また、補助対象となるツールやサービスは下記のように記載されています。

①パッケージソフトの本体価格
②クラウドサービスの導入・初期費用
③クラウドサービスにおける契約書記載の運用開始日(導入日)から 1 年分までのサー
ビス利用料・ライセンス/アカウント料
④パッケージソフトのインストールに関する費用
⑤ミドルウエアのインストールに関する費用
⑥動作確認に関する費用
⑦IT ツール(ソフトウエア、サービス等)の導入に伴う教育、操作指導に関する費用、
事業計画策定に係わるコンサルテーション費用(ただし関連会社、取引会社への説
明会等費用は補助対象外)
⑧契約書記載の運用開始日(導入日)から 1 年分までの問い合わせ・サポート対応に関
する費用、保守費用
⑨社外・社内・取引先向けホームページ制作サービス初期費用
⑩契約書記載の運用開始日(導入日)から1年間の WEB サーバー利用料(ただし、既存
ホームページの日常的な更新・改修費用は、補助対象外)

出典:IT ツール(ソフトウエア、サービス等) 登録要領

当社では顧客接点のフロント業務となるホームページの制作と、ミドル業務となる顧客管理システムをパッケージとしてご案内しております。
【フロント~ミドル業務をサポート】顧客管理機能付きホームページ制作

想定スケジュール

3/22の本日時点で公表はされておりませんが、下記のようなスケジュールと予想されます。

3月28日   IT導入支援事業者(ITベンダー)登録受付開始
4月初旬   ITツール登録受付開始
4月中旬~  一次公募 公募期間

今回は前回と比べ認知も高まっているため、なるべく早めの申請をおすすめいたします。

まとめ

当社はITベンダーとして、ツールの提供から申請代行までさせていただきます。既にサイトをお持ちの方も、これからホームページをお考えの方も、まずは一度当社までご相談ください。営業の効率化を助けるホームページを制作いたします。