記事作成:beakpromo
Googleマップ上位表示対策

「SEO対策」という言葉をご存知でしょうか。グーグルやヤフーで何か調べるとき、検索結果で指定のサイトを上位に表示させるというアレですね。
検索エンジンシェアNo.1のグーグルで検索を行った場合、特定の条件ではキーワードに関連した「マップ」が自然検索結果よりも上位に表示されるようになります。
今回はこの「ローカルSEO」について書いていきたいと思います。

目次

  1. ローカル検索とローカルSEO
  2. ローカル検索の利用シーン
  3. ローカルSEOに対応しよう
    1. キーワードの設定
    2. Googleマイビジネス(旧Googleプレイス)への登録
    3. 外部施策
  4. まとめ

ローカル検索とローカルSEO

ローカル検索とは、検索ウィンドウに「地域 サービス名」で検索を行うことです。通常の検索と違い、具体的な地域(ローカル)を指定して、その範囲の中でサービスを探していることがわかります。

※地域は「近くの」でも可能らしい

 

ローカル検索で検索した場合の表示順は、①リスティング広告(あれば)②ローカルマップ③自然検索結果の順番となります。ただし、ローカルマップでの店舗の表示は上位3店舗までとなります。
したがってローカルSEOとは、「ローカル検索でマップの上位3店舗以内に表示させること」を指します。

上位対策とは

ローカル検索の利用シーン

Googleローカル検索の利用シーン

例えば、「盛岡 居酒屋」や「北上 歯医者」などのキーワードは、ローカル検索となりマップが上部に表示されます。マップの表示の他にルートや電話番号といった来店への導線も確保されていますので、
まさにその圏内・タイミングで店舗を探している方を集客することが可能です。
「ネットでの比較」は避けられないものですが、この施策で競合よりも優位に集客を行えるのではないでしょうか。

ネットから求人に興味を持ってもらうには

キーワードの設定

「店舗側が希望するキーワード」と、「実際にお客さんが検索するキーワード」は、異なることがほとんどです。
例えばキーワードに迷っているイタリア料理店が、「盛岡 ピザ」というキーワードを設定していたとしても実際の検索数は「盛岡 パスタ」のほうが断然多かった、なんてこともよくあります。

キーワード設定について

【検索ボリュームからキーワード提案も】店舗の集客にはGoogleマップ上位表示サービスをお勧めします!

Googleマイビジネス(旧Googleプレイス)への登録

https://www.google.co.jp/intl/ja/business/
まずはグーグルアカウントを取得し、マイビジネス(ビジネスリスティング)をオープンしましょう。
SEOと同様に、グーグルは「エンドユーザーの満足度向上」を第一に各アカウントを判定していますので、店名や住所、営業時間や店内画像をしっかり入力しましょう。

外部施策

レビューの増加やNAP情報(Name Adress Place情報)の統一、SEOの被リンクに当たるサイテーションなど、できる範囲で実践していきましょう。
顧客に「レビューを書いてもらえれば、20%OFFキャンペーン!」なども有効かもしれませんね。
外部対策はSEOの知識や手間がかかるものですので、当社でもサービスとして行っております。

【完全成果報酬】店舗の集客にはGoogleマップ上位表示サービスがおすすめです!

最後に

まずはマイビジネスに登録することができれば、ローカルSEOの第一歩となります。ただし、「効果的なキーワードの選定」や「具体的なサイテーション施策」はなかなか難しい部分もありますし、
最終的な問い合わせ・来店につながらなければ意味がありません(ホームページやLPが意欲を削ぐ場合も)。検索→マップ→問い合わせまでの導線の整備において、具体的な施策を行える会社への依頼も、
是非検討の一つにいれていただければと思います。