記事作成:beakpromo
岩手でネットショップをはじめよう
「商品点数が多くて大変…」「コストがかかる…」というイメージのネットショップですが、いまでは簡単&低コストで開設できるようになりました。今回はネットショップの開設~集客までの要点を3つのポイントでご紹介していこうと思います。ネットで可能性を広げましょう!

目次

  1. ネットショップASPの種類
    1. STORES.jp
    2. カラーミーショップ
    3. メイクショップ
  2. 販売サイトを作成する
  3. 最後に

ネットショップASPの種類

ネットショップを立ち上げる上で、まず最初に検討することが、「どの仕組みを使ってショップを立ち上げるか?」ということです。もちろん自社サイトとして完全オリジナルのものを作ることも可能ですが、これでは数百万~というコストがかかってしまう場合がありますので、今回は初回制作のハードルが低く扱いやすいASP(Application Service Provider)に絞ってご紹介したいと思います。

STORES.jp

https://stores.jp/

無料から始められ、低コスト運営が魅力のASPです。月額980円を支払うことで、様々なオプションを利用できます。

STORES.jpのメリット

・ロゴを作ってもらえる
・テンプレートがオシャレ
・サポート費用が無料

STORES.jpのデメリット

・HTMLの編集ができない

手軽に始められる分、機能には制限がある印象です。特にHTMLの編集ができないので、オリジナルなデザインにすることができません。

カラーミーショップ

https://shop-pro.jp/

STORES.jpと比較してやや費用(月900円~)がかかる代わりに、通常の運営に加え集客にも役立つ機能が目立つASPです。

カラーミーショップのメリット

・高機能なショップシステムが利用できる
・販売手数料0円
・集客ツールが豊富

カラーミーショップのデメリット

・メディア化するためには、別途プロのWEB制作が必要

ブログのようにメディア化してコンテンツを発信していくためには別途WEB制作が必要となりますが、ネットショップ単体でみると非常に使いやすくお勧めしたいASPです。

メイクショップ

http://www.makeshop.jp/

流通金額でいえば全てのネットショップASPの中でNo.1のメイクショップ。月額費用はミニマムで3,000円/月からとなりますが、豊富なテンプレートや役だつ集客マニュアルを提供しています。

メイクショップのメリット

・高機能なショップシステムが利用できる
・テンプレートが豊富(160種以上)
・レビュー機能付き

メイクショップのデメリット

・月額費用が高め
・初心者よりも中級者以上向け

ある程度WEBやPCのリテラシーがある方であれば、メイクショップがお勧めです。オリジナルなショップを高機能で運営することができます。

販売サイトを作成する

もちろんどのASPにもテンプレートがあり、ある程度まとまったサイトを作ることはできますが、よりオリジナルに他社と差別化したい場合はプロの業者に作成してもらうと良いでしょう。クオリティはオリジナルのまま、運用は各ASPの機能を使用できます。売れているサイトのほとんどはこのような手法をとっています。

最後に

どのASPの利用するかは、商品数やコスト・クオリティなどどこに比重を置きたいかで決まってくると思います。今はネットショップで勝負する障壁も格段に下がっていますので、少しでもお考えがあれば是非挑戦してみてください。

岩手県でネットショップを作成するなら、ホームぺージ制作会社ビークプロモーション