記事作成:beakpromo
SEO順位向上へ!確実に押さえておきたいSEOのポイント3つ

「ホームページが完成した!」「サイトリニューアルが完了した!」のに、キーワード検索で順位があがってこない...。
こんな思いをしている方、結構多いのではないでしょうか?GoogleやBingといったサーチエンジン側は、最適な検索結果をユーザーに提供するため、検索結果で特定のサイトを上位にあげる“独自ルール”を用いてサービスを運用しています。※私たちも何かネットで調べた時、全く関係のない情報は出てきてほしくないですよね。
「もっとホームページを見られたい!」「アクセスが欲しい!」という方は、この独自ルール(アルゴリズムといいます)を理解し、適切に対策を行う必要があるんです。
まずはこの“SEO”の基本的な要点をみていきましょう。

目次

SEOとは


SEOとは、”Search Engine Optimization” のそれぞれの頭文字をとった略称で、Google(Yahoo!)、Bingといった検索エンジン(サーチエンジン)の最適化を意味します。SEO対策とは、キーワード検索を行った際、特定のサイトを検索結果ランキングで上位表示させるための一連の施策を指します。例えば、盛岡市でラーメン屋を探したいとき、Googleで「盛岡市 ラーメン」などのキーワードで検索を行い、しっかりしたSEOが施されているサイトは検索順位の上位へ、そうでないサイトは下位へ追いやられてしまいます。

例えば当社の「ホームページ制作事業」についてはSEO対策を行っており、下記が現状の実績です。

岩手 ホームページ制作 ・・・1位(検索数:約 1,460,000 件 )※4/12現在
盛岡 ホームページ制作 ・・・2位(検索数:約 192,000 件 )※4/12現在

SEOの基本的な考え方

サイトを上位表示させるために、どのような対策が必要なのでしょうか。

人にもGoogleにも、伝わりやすい内容でページを作る

サイトを訪れたユーザーに向けた情報発信も大事ですが、Googleに情報が伝わらなければ検索結果ランキングには反映されません。結果、サイトは見られず、誰にも情報発信できません。

例えば、画像やFlashは人の視覚に訴求できますが、Googleにはそこに書かれた文字や情報は認識できません。ユーザーだけでなく、Googleにも認識されやすいサイトのページとして制作することが重要です。

【基本的な対策】
・titleタグやmetaタグに設定したキーワードを含める
・見出しや本文のテキストに、設定したキーワードを出現させる
・なるべくテキストをメインに、画像やFlashを置く場合には背景にテキスト要素を記述する
・モバイルフレンドリーを設定する

上記のような基本的なルールを押さえるだけでも、ランキングの改善を図れます。より成果をだせるキーワードの選定や具体的な施策は、業者に一任してしまうのも一つの手です。

検索キーワードを意識したサイト作りを心がける

Googleをはじめとした検索エンジンは、「より良い検索結果をユーザーに提供する」ことを目的に運営を行っています。
検索キーワード「岩手県 ネット広告」と検索するユーザーは、岩手県内でネット広告を提供する業者を探していると予想できますし、「盛岡市 ラーメン」と検索するユーザーは、盛岡でラーメン店を探していると予想できます。

ですので、ランキング上位に表示させたいキーワードを意識したサイト作り、記事作りを行うことが最も重要となります。

外部からの被リンク、外部への発リンク

「被リンク」とは、自分のサイトに他サイトからリンクを受けることを指します。Googleでは、ユーザーから評価され、被リンクされたサイトを上位に運ぼうとするアルゴリズムがありますので、SEOには必須の施策といえます。
特に「閲覧数の高いサイト」「信頼されているサイト」からの被リンクは評価が高いため、このようなサイトから被リンクできる施策が必要となります。

被リンクと同時に、自分のサイトからの「発リンク」も重要となります。
サイトに掲載されている情報は、評価の高いサイトの、信頼できる情報だとGoogleにアピールすることができるからです。もし検索ランキングの競合サイトであっても、必要な場合は発リンクを行うべきです。

まとめ

岩手県内の主要部(盛岡市、北上市、花巻市、奥州市、一関市、宮古市、久慈市)では、現在も過去のアルゴリズムを意識した古いサイトが多いため、最新の対策を行うことで上位表示は難しくないと思います。
SEOを理解し対策を行うことは、検索エンジンで上位表示させることと同時に、サイトのユーザー満足度をアップさせることでもあります。「検索上位表示」でき、「わかりやすく興味深いサイト」であれば、まさに盤石の態勢と言えるのではないでしょうか。