記事作成:beakpromo

名刺デザイン作成|岩手県盛岡市ビークプロモーション株式会社

営業活動で必ず必要になる「名刺」。印刷屋さんに任せっきりになっていませんか?
名刺が相手に与えるイメージ、情報価値など、営業ツールとしての価値はやはり高いといえます。この記事で今の名刺をもう一度名刺を見直すきっかけになれば幸いです。

目次

  1. 名刺で与える印象
  2. 名刺の活用法
  3. 作成例
  4. 最後に

名刺で与える印象

本来名刺は「会社名」「役職」「住所」「連絡先」などの基本情報が記載されていればその機能を果たします。ですが見る人にとっては読みにくかったり、何も感じられないようなものとして扱われてしまうこともあります。

上記のような例として

・必要な情報が載っていない
・文字が小さくて読めない
・紙に文字だけ、頭に残らない
・社内で印刷?文字がズレてる

…などは、みなさんもご経験はありませんでしょうか。

私自身もこれまで何千枚名刺交換をする中で、「無味乾燥の名刺」のパターンが非常に多かったと思います。またその内の大体の会社が、ホームページも同様にシンプルイズベストなものでした。日々新しい企業とお話をする中で、同じような業態・サービスであれば、特徴の薄い企業や担当者さんに覚えてもらうことはできません。

名刺の活用方法

私は名刺が単なる企業情報ではなく、活用次第では大きな営業ツールになり得ると考えています。以下に私が実践している活用方法をご紹介します。

・名刺にはパーソナルデータを
生年月日や趣味、好きな映画などのパーソナルデータを記載します。いくつか項目を用意しておけば、何かしらで重なる所があり話のきっかけになることも多いです。特に世代の近い方には効果的で、世代が近いだけで何か親近感がわいてきます。

・QRコードを貼付
当社は広告・デザインの会社なので、実績やクリエイティブは実際に目で見ていただきたいことがよくあります。そんなときにこのQRコードがあれば、担当者さんのスマホで見ていただけますし、ブラウザにも残ります。冊子よりもWEBの方が欲しい情報にすぐたどり着きますので、非常に重宝しています。
QRコード簡単に作成-cman-

・名刺交換の際もひと工夫
実際に交換を行う際にもちょっとした心がけをしています。私は依頼があった際に名刺交換を行うことが多いのですが、依頼があった内容を一言付け加えるようにしています。例えばWEB制作で依頼があれば、「ホームページでお世話になります」という一言。デザインの依頼があれば、「ポスターデザインでお世話になります」。ホームページならこの人!デザインならこの人!という感じです。最悪名前を憶えていただけない場合も、「ホームページの人、デザインの人」でご連絡いただくこともあります。

良い名刺の作成例

名刺に記載されている情報を覚えてもらい、webやお問い合わせに繋げるための作成例を記載します。

名刺デザイン作成|岩手県盛岡市ビークプロモーション株式会社

その他、工夫次第ではさらに強力なツールとして活用できると思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。名刺は名刺であって、名刺以上ではないという方もいれば、より相手に響く名刺にしたいという方もいます。ただ、ビジネスの場では名刺からお付き合いが始まることがほとんどだと思いますので、本記事を最大限活用して多くのつながりを作っていただければ幸いです。当社でも「売上に繋がる名刺」のデザイン作成を行っていますので、よければ是非ご相談ください。